査定前の注意点

レンズも保管状態が悪いとひびや傷がついたり、しつこいシミがついたりして査定価格が大幅ダウンしてしまう事が多いのです。少しでも高値をつけたいならしっかり磨いてくもり1つない美品として査定してもらう事を心がけてください。用途が減ったなら押し入れにしまいこむよりも、傷みがひどくならないうちに買取してもらう事をおすすめします。

つい忘れがちなのはデーター処理です。フイルム式なら焼き捨てるなどの処理もできるのですが、デジタルカメラが主流となっている今は、データーを自分で消去する必要があります。特に個人情報や人に見られるとまずい写真が多数残っているようだと、情報漏洩になりかねませんし、思いがけないトラブルに巻き込まれかねないのです。

パソコン同様にデジタルデーターを扱う場合は要注意です。カメラのセットアップツールから初期化を選択してmenu/OKボタンもしくは>ボタンを押せば全消去されます。たまに大事な思い出写真まで一緒に消去してしまう事がありますから、しっかり内容を確認した上で消去しましょう。カメラは精密機器ですから埃や湿気を大変嫌がりますが、これはPCと同様ですからカメラ専用ケースに入れるなどして保管し大切に扱う事が長持ちの秘訣ですし、査定額のアップにもつながります。

特に固い地面に落とすと影響は少なからず受けますから注意してください。カメラも高機能になってきていて防水加工など様々な加工がされているものも増えてきてはいますが、大事に扱う事に勝るものはありません。いよいよ査定に出す段階になったら丁寧に柔らかい布で、特に念入りに磨いて出してください。